ホーム美容関連の商品サプリメント

ハーブサプリメント

薬用ハーブの特徴

ハーブというと、穏やかな効き目と思われがちですが、高品質の物は即効性に富み、結果もはっきりと現れます。
欧米で家庭内療法として、あるいは医療用として使用されるハーブは、予防医学面や副作用のない治療薬として支持され、使用されて います。ここでご紹介している薬効は最も特徴的な効果で、その一部に過ぎません。まだまだ多くの薬効を秘めています。

おすすめ

エキナセア Echinacea
【価格】

効果

インフルエンザなどの感染症予防に!
体内インターフェロンの増産、免疫力の強化のためのハーブです。 悪性のインフルエンザや膀胱炎などあらゆるウィルス感染症に使用されます。天然の抗生剤と言われるハーブです。
※免疫疾患のある方、免疫作用か原医の一部をなす疾患のある方は利用できません。


ギンコ(イチョウ葉) Ginkgo Biloba
【価格】

効果

悪玉コレステロールの除去に優れたハーブ
ドイツでは、医築品として承認されおり「めまい、耳鳴り、頭痛、記憶力及び知的能力の低下改善に利用されています。 脳機能障害、脳血液循環の改菩、末梢血管の潅流障筈、肩こり、四肢の痛みやかゆみ、麻痺など。


クランベリー Cranberry
【価格】

効果

女性におすすめ
美白効果の天然ビタミンCやミネラル、眼精疲労のためのアントシアニン系色素、屏路感染症の防止効果の高い抗薗作用などの効果があります。働く女性に人気No.1のハーブです。


シベリアンジンセン Siberian Ginseng
【価格】

効果

体調が悪い、だるいと感じたら
和名はエゾウコギ。朝鮮群人参の仲間として知られています。滋養強壮剤としての効果もありますが、軍用では航ストレス剤として利用されました、ステロイド剤などで痛んだ副腎のケアーにも利用されます。 滋養強壮、航ストレス、副腎のために。


セントジョンズワート St.John’s Wort
【価格】

効果

イライラや憂鬱な気分のときに
生体ホルモンメラトニンの調節をはじめとする体内ホルモンのアンパランスを調整するハーブです。 穏やかな鎮痛作用で腰痛などにも利用されますが、抗うつ剤として、生理不順・生理痛・更年期障害・椎間板ヘルニアなどの痛みにも多く利用されます。
※市阪または処方された航欝剤や精神安定剤との併用はでさません。

■オーナーからひとこと■

私は10年飲み続け、体内ホルモンのバランスをとり、1日も休まず元気に仕事が出来ていますよ。


ダンディライオン Dandelion
【価格】

効果

お酒を飲む前に!
肝臓の機能を高めることで利用されてきたハーブですが、腎臓に対しても作用します。 多くの場合、根を使用し、穏やかな便秘薬としても利用できます。葉は、利尿剤として使われます。


ネトル Nettles
【価格】

効果

花粉症用ハーブとして有名
古くから、授乳期の母乳の分泌を盛んにさせる薬草として利用されてきました、最近では、花粉症の症状の改善に利用されます、利尿作用があり尿酸の排泄を始めとする血液の浄化作用でリウマチに利用されます。


エルダー(フラワー) Elder
【価格】

効果

冷え性の軽減
古くからインフルエンザなどの初期症状(鼻水や涙目の軽減)に使われてきました。アメリカでは、風邪の初期症状である悪寒などに好んで使われています。また、身体を温めることから冷え性の軽減などにも使われます。


ジンジャー(ショウガ) Ginger
【価格】

効果

身体を温め、強壮に
漢方薬や、薬味として食生活でも多く使用されており、健胃作用や殺菌作用は広く知られています。吐き気などに効果的で、妊娠中の悪阻には最適。また、抹消血管の弛緩作用と循環刺激剤として、冷え性や冷房病などに利用されます。

その他の説明

ここでご紹介している製品は、北米、EclecticInstituteInc.の製品です。
EclecticInstituteInc.は、1982年2名の医師により設立されたメディカルハーブの製造会社です。
WildcraftedPlant表示のプラントは、農薬、除草剤はもとより有機肥料さえ使用しない全て自然栽培によって育成したブラントです。 OrganicallyGrownPlantは、一部有機肥料を使用して栽培されたプラントです。

農薬、除草剤、全ての化学肥料を使用していないことが保証されたプラントを使用しています。 これらのプラント表示は、北米、オレゴン州有機栽培法によって管理され、その品質が保証されています。 チンキ剤の抽出には、有機栽培されたブドウを原料とした穀物アルコールOrganolが使用されます。 Organolは、EclecticInstituteInc.がその持許を所有しています。

カプセル剤のシェルに使用されているVesicapは、北米GSTechnorogy社が特許を所有する純植物性のカプセルシェルです。

フレッシュフリーズドライ製法とは、刈り取ったプラントを直らに瞬間冷凍乾燥させ製品化する製法で、生育プラントの持つ有効成分を損なうことなく製品に反映でさる製法です。 乾燥されたプラントに比較し、より多くの有効成分を保有させる事が出来ます。

これらのハーブ製品は、欧米で薬としての長い歴史を持ち、安全性についても信頼できるものです。 ハーブは、医薬品として承認され医療用として利用されているものも多いですが、日本の薬事法上ではこれらの製品は、食品です。

Copyright(c) 2015 肩コリ倶楽部 ひこうき雲. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com